2010年03月15日

認定

二年に一度のナショナルデモンストレーター選考会

技術選からなだれ込みで選手の顔にも疲れの色が…


富山県からは三名の選手がエントリー


昨日の午前中は筆記試験

午後から実技5種目

白樺ゲレンデ

・制動要素のプルークボーゲンから洗練過程のターンへ

・パラレルターン小回り(2級程度)

・谷回りの連続

低速種目では見解の違いが見られ、かなり苦戦しておりました。


セントラル

・パラレルターン大回り(不整地)

認定 002.JPG

かなりの急斜面!

こぶこぶのぐさぐさたらーっ(汗)

ギャラリーには技術選より見ていておもしろかったのでは…



ウスバゲレンデ

・実践滑走リズム変化

競技開始時刻PM4:00をまわっておりましたので、

ハードパック。

かなり滑りやすかったみたいで、スキーも走っておりましたあせあせ(飛び散る汗)

技術選をこのバーンでやりたかった…



本日は面接。


そして認定者発表。

認定 005.JPG

右端にご注目目

ぴょこっと、起立exclamation

岡村聡子 見事2回目の認定手(チョキ)


おめでとーるんるん


今回はかなり厳しい選考で、現役のデモめった斬りたらーっ(汗)

松田富士人、徳竹剛、宮下、竹鼻、片桐、、、

落選がく〜(落胆した顔)


そんな中、岐阜県 石水克友 初認定ひらめき

東海北陸では二人目のナショナルデモ誕生です。


あっぱれ。。。



posted by ISM at 18:39| 富山 ☁| Comment(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。